2016/12/11 6:06 pm
Add-on SDK to WebExtensions
Uncategorized, ,

Firefox の拡張は本格的に WebExtensions ベースへの移行が始まっていて、一応のロードマップでは来年の 11 月には Firefox 57 において WebExtensions ベースではない旧来の拡張の読み込みをしないようになるという

拙作について考えてみると、あべアニの拡張の Firefox 版は WebExtensions で新規に書いたのだけど、既存の Addon SDK ベースの拡張は移行作業というものをしないといけない。具体的には赤福プラスと wasavi だ。あとは Webliopane だけど…これはどうかな。そもそも人様のものだし。

で、赤福プラスと wasavi に関しては SDK ベースではあるが、もともと Kosian という Chrome の拡張に近づけて書くためのラッパをかましているので、それぞれの拡張自身のコードに関しては大掛かりに書き換える必要はない。Firefox においてはただ単に動作の基盤を WebExtensions に差し替えればいい、はず、だ。たぶん。

というわけで、とりあえず赤福プラスをちまちまといじり始めたのだが。実際アプリケーションとしてのコードの修正よりむしろ WebExtensions の微妙な発展途上さに振り回されている。

  • まず content script と background の間を long-lived port で接続している。この際、background では port の onMessage イベントハンドラを
    function handlePortMessage (message, port) {
      ;
      ;
    }

    という風に定義している。最初の引数が飛んできたメッセージ、次の引数が使用された runtime.Port オブジェクトだ。このイベントハンドラの引数リストは Chrome の API ドキュメントに記述してある。

    で、それを Firefox の WebExtensions で動かすと、第 2 引数である port が渡されてこないのであった。これはきっとバグだろう

箇条書きにした割に 1 つしか書いてないが、きっと開発を進めるごとにいろいろ出てくる。

ところで web-ext ツールというものがあり、これは従来の cfx とか jpm に相当する。これで web-ext run とすると一時的なプロファイルによって Firefox が起動する。開発中の拡張は自動的に読み込まれている。そして面白いことに、その状態でソースファイルを更新すると拡張が自動的にリロードされる。これはちょっと便利。

Leave a Reply

Archives