2019/10/17 11:24 pm
Here is the “Volume”
Uncategorized,

Xubuntuでaptによるアップデートを何回か繰り返すと、そのうちにデスクトップに謎のマウントアイコンが出てきて、これの正体がよく分からない。なんだろうこれ。

2019/10/14 2:44 am
tweak layers #3
Uncategorized, , ,

レイヤーとレイヤーの隙間に意味を持たせて hover 時に追加ボタンを出すようにした。

だいたいこんな感じでいいかな。

2019/10/11 1:38 am
tweak layers #2
Uncategorized, , ,

レイヤーパレット上のツールバー的なものをどこに配置したものだろうか。

もっとも、ツールバーと言っても、とりあえず実装するのはカレントレイヤーの削除と新規レイヤーの追加くらいである。前者は対象がカレントレイヤーであるのだから、そのためのボタンをパレット上のカレントレイヤー領域のどこかに配置するのが当然、自然だろう。

一方で後者が難しい。新規レイヤーが常に最前面への追加なら、カレントレイヤーは関係ないのでツールバー的な領域を新設してそこへボタンを置けばいいが、カレントレイヤーの手前に追加と言った動作ならこれもパレット内のカレントレイヤー領域内に置くのが多少は自然に思える。

多少はというのは、確かに動作の起点はカレントレイヤーなのだが、動作の対象は別の新規レイヤーなのでそこに若干のズレを感じないこともないということだ。

難しい。どうしたものか。

2019/10/09 12:21 am
tweak layers
Uncategorized, , ,

レイヤーパレットというものに正式な定義があるわけではないが、大体のイメージはPhotoshop 3.0から実装されたアレである。

アレ

これを整理してみるとこの中に存在するオブジェクトは

  • レイヤーのリスト(可視、リンク、サムネイル、タイトル等を含む)
  • 選択中のレイヤーの合成モード
  • 選択中のレイヤーの不透明度
  • 選択中のレイヤーの塗り潰しモード
  • 選択中のレイヤーの各種フラグ
  • 各種レイヤー操作のためのツールバー的なもの

とこんな感じになる。面白いのは合成モード云々が上にまとめられていることだ。これらは当然各レイヤーの属性なので、本来はレイヤーリスト中の各レイヤー項目内に配置されて然るべきものなのだが、おそらくパレットの面積の都合で上にまとめられている。

これに対して、レイヤーの可視状態とリンク状態はまとめられてない。この切り分けにどういう理由があるのかは分からない。可視・不可視の状態は全体を俯瞰できた方がよいということか。

そんなこんなを勘案しつつ、桃のレイヤーパレットはこんな感じにしてみたい。

上部にはチェックボックスひとつしか置いてないが、ここには可視・不可視の状態や透明部分の保護といった各種フラグ群を表示する。また、合成モードと不透明度のためのUIは画像の通りの場所に配置する。

画像の通りといえば見ての通り、各レイヤーを横に配置している。これはちょっとチャレンジングで、これが使いやすいかどうかは実際にドッグフーディングしてみないと分からない。もしかしたら何だこのクソUIは!!となるかもしれない。

2019/09/30 12:34 am
The latest clipboard operation in javascript #2
Uncategorized, , ,

貼り付けの動作について整理しておきたい。

Photoshopの場合、「ペースト」を行うと新規レイヤーが生成され、そこにクリップボード上の画像が配置される。また、「選択範囲へペースト」を行うと新規レイヤーが生成され、選択範囲がレイヤーマスクに設定された上でクリップボード上の画像が配置される。CSなんちゃらではもう少し貼り付けの仕方にバリエーションが増えるが、基本的な動作は割とシンプル。

一方gimpはなんかよく分からなくて、とにかくメニュー項目がたくさんあり:

  • 貼り付け
  • 同じ位置に貼り付け
  • 選択範囲に貼り付け
  • 選択範囲内の同じ位置に貼り付け
  • クリップボードから生成:レイヤー
  • クリップボードから生成:レイヤー(同じ位置)
  • クリップボードから生成:画像
  • クリップボードから生成:新しいパターン
  • クリップボードから生成:新しいブラシ

これ多分作った人も使い分けできないよね。貼り付けの動作自体も若干複雑で、レイヤーではなくフローティング選択範囲というものが生成される。その状態で新規レイヤーを生成すればそれに固定される。一方レイヤーの固定という機能を呼ぶとカレントのレイヤーに固定される。

ということでベースとしてはPhotoshopを参考にしたい。ただレイヤーマスクはまだ作るわけじゃないので「選択範囲へペースト」は後回し。

さて貼り付けを作る場合、桃にとって最も大きいインパクトは、従来はレイヤーが3枚に固定されていたのを基本的に制限なしに自由に増減できるようにしないとならないということだ。

内部的な機構についてはそのようにできるようにするためにいろいろ書き換えてきたので問題はないのだが、めんどくさいのはいわゆるレイヤーパレットというものを作らないといけないのである。つまり、UIの問題だ。

2019/09/28 1:11 am
The latest clipboard operation in javascript
Uncategorized, , ,

というわけでコピー処理を書く。

とりあえずこの辺を参考にする。というより、仕様がばんばん変わっていくのでここ以外はすぐ鮮度が落ちてしまう。強いて言えば、この辺りも手助けになるかもしれない。とは言えこのページにしても、例えば ClipboardItem とはなんぞやというところとかがいまいち説明不足だったりするのだがそこは引っかからなくていい。

気をつけるべき点として

  • クリップボード操作は https なページ上じゃないとできない

  • クリップボードへの書き込みは、現状の Chrome の実装では、パーミッションは特に必要ない

  • クリップボードへの画像の書き込みは、7月末にリリースされた Chrome 76 からやっとできるようになった。それ以外のブラウザでは「まだ」できない

  • クリップボード操作は対象のページがアクティブ、つまりカレントウィンドウのカレントタブじゃないとできない。論理的にその状態であると同時に実際にその状態じゃないとできない。どういうことかというと、クリップボード操作の行にブレイクポイントを貼ってそこからステップ実行とかすると操作は失敗するということ。対象のページがアクティブじゃないので

そんなこんなで

こんな感じで選択してメニューからコピーを選択すれば

こんな感じでクリップボード経由で他のアプリケーションとやり取りできる。うーん普通だ。

上記の通りクリップボードは https なページ上じゃないと動かないので、ローカルで試すには自己証明書を作らないといけない。とりあえずこの辺りを参考にした。

次は貼り付けを作る。

2019/09/22 6:55 pm
Menu bar
Uncategorized, , ,

そんなわけでメニューバー的なものを書いた。

ただメニューバー的なものがメニューバー的に動作するだけなので、特に他に書くことがない。

桃に組み合わせるとこんな感じになる。次はクリップボード周りを書いてみよう。

2019/09/16 12:25 am
Drawing into the selection
Uncategorized, , ,

選択範囲がある時、描画がその中へ限定される処理を書いた。

さてこの選択範囲をどうこうするための、クリップボードに関するメニューというものが必要になるのだけど。どこへ追加したものだろうか。

桃の上部のパネルは、別に意識したわけではないのだけど、Microsoft 製アプリで言うところのリボンUIのように見えるので、クリップボード操作に関してもそれを模倣するという方法もあるが、リボンが優れたUIとはちょっと思えないのでそれは採らない。普通に「ファイル」「編集」云々の伝統的なメニューバーがほしい。

そういうものをちょちょいと出してくれる素敵なライブラリなんかないかな。

2019/09/12 7:31 pm
Switching to Chrome
Uncategorized

Chromiumで、拡張に割り当てられた記憶領域(chrome.storage.local)に対して明らかに空き容量があるのに「残り容量がないエラー」になる謎の現象があって困る。もしかしたらpsdとの相性が悪いのか? 試しにpsdの対象から外したら発生しなくなった、気がする。

とかなんとかやってたらChromeが更新されたので試してみた所、謎のCPU浪費をしなくなっているようなので戻した。

というわけでChromeでこの記事を書いているのだが、basic認証をさせるページでユーザーにプロンプトを出して入力を求めるより前にリクエストが行われてしまって認証エラーになる現象が発生している。どうもまだ安定状態には一進一退という感じだ。

現代のブラウザは規模が大きくなりすぎてテストが行き届かなくなっているのかもしれない。

* * *

CPU浪費問題。おかし、直ってないじゃねえか!

2019/09/09 11:29 pm
Ants march over the peach
Uncategorized, , ,

選択範囲の表示をやってみた。

このトピックについてめんどくさい点は、Photoshop等に倣うなら、範囲表示の境界線がキャンバスの倍率によらず常に1ピクセルであるということだ。このための下準備がめんどくさい。蟻が行進するのは意外とめんどくさくない。

もう一つめんどくさいのは、選択範囲を決定する前段階の仮線の表示だ。何がめんどくさいかと言うと、やはりPhotoshopに倣うならばこの仮線はキャンバスの画像を反転した色で表示する必要があるのだ。

この反転表示と蟻の行進を組み合わせて表示するのが多少めんどくさい。ちなみにPhotoshopではなくgimpに倣えば、この手の仮線はxorではなく縁取りされた実線になるのだけど、これはどのピクセルを選択しているのかわかりづらいのでよくないと思う。

ともあれ、選択範囲の表示についての基礎の部分はできた。まだ実装してないけど選択範囲の集合論的な演算(範囲の追加、削除、インターセクションなど)も無理なく組み入れられると思う。

ということで次に考えるべきめんどくさいことは、この選択範囲をどうするかという点と、選択範囲に対する描画という点だ。前者はクリップボードとのやり取りという話に繋がるのでなかなか大掛かりにめんどくさい。また後者はつまり描画のクリッピングなのだが、おそらくcanvasの機能で一発ということにはならないのでこれまためんどくさい。

この記事めんどくさい言い過ぎだ。

Archives