2017/01/21 7:52 pm
Testing with selenium javascript binding #5
Uncategorized, , , ,

ところで Opera ではどうなのだろうか。Blink Opera でも operadriver というものを経由してテストすることになっている。これはつまりchromedriver のフォークだ。じゃあ、だいたい Chrome のように動くと考えていいのかな。

と思ってやってみたらまるでさっぱり動かない。Opera 自体は起動するものの、

exception: Error: ECONNREFUSED connect ECONNREFUSED 127.0.0.1:46266

なる例外が発生してテストが始まらない。

Selenium のライブラリと *driver との接続は http による REST だ。つまり、operadriver 側でリモートコントロールのための接続の listen をしてくれないということなのか?

とそういうわけで現在のところの各ブラウザの selenium 対応は Chrome、Firefox、Opera の順で甲乙丙のようだ。

2017/01/18 6:12 pm
Testing with selenium javascript binding #4
Uncategorized, , , ,

そういうわけで Linux 上では WebExtensions 版の wasavi の、Selenium による、Firefox 上の機能テストを一通り通せるようになったのだが、結局これを Windows 上ではできていない。過去の記事で何度か書いているが Windows では既存のプロファイルでもって Firefox を起動させることができず、かつ新規プロファイルに WebExtensions ベースの拡張を登録させつつ Firefox を起動させることもできない。両方できないと身動きが取れない。

実を言うと Linux 上でもテストが問題なく滞りなくできてるわけではない。例えば:

  • なにかが leak してますよ〜的なログがいっぱい出る。
    (node) warning: possible EventEmitter memory leak detected. 11 listeners added.

    云々。このエラー自体は書いてあるとおりのそのままの意味なんだろうけど、Chrome でテストする際は出ないので Selenium 内の Firefox とのやり取りをするコードにおける問題だと思う

  • wasavi でテストする際は当然ながら様々なキーストロークを発生させる必要がある。で、selenium.Key.chord() というものがあり、chord(Key.CONTROL, 'c') などと呼ぶと ctrl+C を押されたとブラウザに振る舞わせるような擬似的なキーストロークを生成する。Key[なんとか] は、型自体は普通の string で、Unicode の Private Use Area 内の文字である。chord 自体は単に引数を全部 join(”) したものに Key.NULL をくっつけたものを返す。したがって擬似的なキーストロークもまた単純な文字列である。さてそういうルールのもとに構成された chord を送出したあと、geckodriver かあるいは Firefox 本体が例えば前述の例だとそれを ctrl+C としてデコードしてくれないと困るわけなのだが。困ったことに、誰もデコードしてくれない。そのまんま PUA が入力され、テストは失敗する。ひどい
  • テスト中 Web Content なるプロセスが生成されて、これが60〜80%の CPU パワーを消費する。同時に Firefox 自体のプロセスが残りの CPU パワーを消費する。そんなわけでテスト中は待ってる以外にほとんど何もできないし、そもそも端末以外のアプリケーションを全て落とした状態じゃないとテスト自体がうまく始まらない。Chrome を起動しながらとか成功した試しがないのである。そして CPU パワーはめちゃくちゃ食いまくる割にテストの進行は Chrome でのそれより 2 割増しくらいで遅い

前述のプロファイル関連の不具合と合わせて、どーにもこーにも…… Firefox が絡む Selenium のテスト環境はいつも質が悪い、質が低いと言わざるを得ない。どうなってんのかなあこれ……。この辺が快適になってくれないと、Firefox 向けの拡張を作るという事自体にくじけてしまいそうなのだけど。

2017/01/14 10:06 pm
Testing with selenium javascript binding #3
Uncategorized, , , , , ,

テストを開始しても、Chrome は起動するもののテストページへのナビゲーションが発生せず、そのままタイムアウトで失敗してしまうことがたまにある。これの原因がよくわからない。とりあえずエラーメッセージとしては “unable to discover open pages” というものが返される。

原因はよくわからない。テスト用とは別の常用の Chrome を起動している状態でテストを開始すると、そういう状況が発生することがあるが、しないこともある。常用の Chrome を落とした状態でも発生することがある。また youtube とかの動画を再生中だと発生する確率が上がるような気がしないでもない。要するに chromedriver が Chrome を起動するものの、複数ある Chrome のうち自分が起動させたものを見失うことがある、というような感じなのだが……そんなわけあるかいな。

上記のエラーメッセージでググっても特にこれだというものもない。謎。

ちなみに Linux 版の Chrome で UI のロケールを任意のものにするには、LANGUAGE=en google-chrome などとする。LANG でも LC_ALL でもなく、LANGUAGE。また、--lang スイッチは効かない。

 * * *

というわけで、とりあえずすべての機能テストを java から javascript へ移植した。疲れた。次にこれを Windows 上の Firefox にて通してテストする。とその前に、Linux 上でも動かしてみよう。

ナウい Firefox で Selenium のテストをするには、geckodriver が必要なので、これをパスの通ったところに置いておく。

var options = new firefox.Options();
options.setProfile(profilePath);
result = new webdriver.Builder()
      .withCapabilities(webdriver.Capabilities.firefox())
      .setFirefoxOptions(options)
      .build()

こんな感じで起動。これは既存のプロファイルを利用するような動作を意図しているが、どうも既存のプロファイルを /tmp あたりにまるごとコピーしてから起動するような感じがする。そのため実際に Firefox のウィンドウが表示されるまでは結構待たされる。

それから、webdriver.actions().sendKeys().perform() が未実装なのだそうでエラーになる。その代わり WebElement#sendKeys() を使う。geckodriver 自体が新しいプロジェクトなので、すべての想定された機能が実装されるまでにはもうちょっとかかる雰囲気。

 * * *

結局のところ wasavi でテストするには

  1. npm install -g selenium-webdriver
  2. npm install -g chromedriver geckodriver operadriver
  3. npm install -g mocha
  4. npm install

と入れて、make run-chrome としてとりあえずテスト用プロファイルでもって起動し、開発者モードで wasavi を組み込み、ついでに dropbox などに wasavi からアクセスして認証を得ておき、ブラウザを閉じてから make test-chrome とする……という感じ。ただし Firefox に関しては、過去の記事の通りオンザフライで WebExtensions ベースの拡張を登録するのが現在のところできないので、wasavi をビルドした上で xpi を登録したプロファイルを用意する必要がある。

2017/01/07 4:47 pm
Testing with selenium javascript binding #2
Uncategorized, , , ,

mocha のテストをすべて終えると最後に結果が表示される。こんなふうに:

basic test -- 2 tests, 50.00%
--------------------

  1 passing (2s)
  1 failing

  1) basic test should get the title of test frame page:

      AssertionError: 'wasavi test frame' == 'wasavi test frame?'
      + expected - actual

      -wasavi test frame
      +wasavi test frame?
     
      at Object.eq (src/wd-tests/src/all-tests.js:359:10)
      at Context.<anonymous> (src/wd-tests/src/basic-test.js:11:10)
      at Generator.next (<anonymous>)
      at pump (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:3221:25)
      at callNext (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:3207:7)
      at ManagedPromise.invokeCallback_ (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:1366:14)
      at TaskQueue.execute_ (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:2970:14)
      at TaskQueue.executeNext_ (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:2953:27)
      at asyncRun (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:2813:27)
      at /home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:676:7
      at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:103:7)
  From: Task: basic test should get the title of test frame page
      at Context.ret (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/testing/index.js:185:10)
      at /home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/testing/index.js:104:5
      at ManagedPromise.invokeCallback_ (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:1366:14)
      at TaskQueue.execute_ (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:2970:14)
      at TaskQueue.executeNext_ (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:2953:27)
      at asyncRun (/home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:2813:27)
      at /home/akahuku/.nvm/versions/node/v7.2.1/lib/node_modules/selenium-webdriver/lib/promise.js:676:7
      at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:103:7)

見てのとおり殆どがスタックトレースの情報なのだ。こんなのいらないよ…。いや役に立つときはあるにはあるだろうけど、少なくとも mocha や selenium 内部のスタックトレースは普通はいらない。

そんなわけで、アサートを単に assert.equal() を呼ぶのではなく、

try {
  assert.equal(actual, expected);
}
catch (ex) {
  ex.stack = ex.stack.replace(/* cute regexp */, '');
  throw ex;
}

なんてコードが考えられる。これはこれですごく嫌らしいコードなのだが(stack プロパティが書き換えられていいの?)、これでやってみてもスタックトレースは空にならない。上記の From: Task: で始まる行以降の部分は、すでに selenium が stack に追記済みなのである。なので、stack を操作して再度 throw してもそれを selenium がまたいじるので、スタックトレースは空にならない。selenium にそのへんを何とかするオプションがあるのかはまだ調べてない。

ということで、とりあえずのワークアラウンドは

mocha --timeout=60000 --reporter=almost-min src/wd-tests/src/all-tests.js | sed -e '/^\\s*at\\s*/d' -e '/^\\s*From:\\s*Task:/d'

てな感じに、すべてのテストが完了した後に sed で削ぎ落とすことくらいしか思いつかない。これだと、mocha ならではの色とりどりのテスト結果ではなくなってしまうが、まあ個人的にはあれはちょっと華美すぎだと思うので、これはこれでいいかな…。

2017/01/05 2:32 am
Testing with selenium javascript binding
Uncategorized, , , ,

wasaviの機能テストは今javaで書いているのだがjavaでなければならない理由は別にない。なぜjavaを選択したのかといえば、かつてはwasaviのビルドにantを使っていたのでそのへんの相性だとか、Seleniumのコード例として割とjavaが多く検索に引っかかるとか、公式のAPIリファレンスがjavadocだったからとか、その程度の理由だ。

しかし機能テストの個数が増えてくるとjavaだと困ったことにコンパイルにもそれなりに時間がかかってくるわけでなかなかストレスフルだ。それ以前にテストが全体的に遅い。ブラウザを起動する速度すら遅い。これを期に、スクリプト言語に移行したい。wasavi場合それ自体をJavascriptで書いているのだから、Javascriptに移行するのが自然だ。なによりJavascriptへのバインディングはSeleniumが公式でメンテしているのであんしんあんぜんということだ。ちなみに実はビルドの際に呼び出されるちまちましたスクリプト群も以前はRubyで書いていたのだが全部Javascriptに書きなおした。

ということでJavascriptによるテストコードの基盤を書いているのだが。基盤とはなんのこっちゃというと、各々の記述されたテストはページ上のtextarea、あるいは時にはdiv要素に対してwasaviが起動していることを前提としている。なのでテストの前段階でCtrl+Enterを送出してwasaviを起動させ、実際に起動したことを確認するコード、後段階でwasaviを終了させるコードを挟む必要があるのだ。そういったことをするために、基本的には

@test
public void testFoo () {
  startWasavi();
  // test body
  ;
  closeWasavi();
}

なんてふうにテスト自体の先頭の末尾に何がしかの処理を挟むことになる。しかしこれはめんどくさいわけで、もうちょっと賢く特定の処理を割りこませたい。

となると次の案としては当然setUp()とtearDown()を定義してそこでwasaviを開いたり閉じたりすればよいのである。ここまでは実に普通だ。めんどくさいのはここからだ。

テストの中には、textarea要素ではなくcontenteditableなdiv要素とか、あるいはセクション・パラグラフ・センテンスをテストするために予めそのための初期本文が必要であるとか、初期化のタイプにもいくつかのバリエーションがある。そのへんもテスト本体に手を入れることなく1箇所で面倒を見たい。たとえばセクションに対するテストであればtestSectionなんとか、ってメソッド名なので、それを利用すればいい。あるいはアノテーションでもまあいい。しかし…困ったことにsetUp()にはそういったテスト自体のメタ情報は渡されないのであった。そのかわり、JUnitの場合TestWatcherというクラスがあってテストスイートの進行具合を観測することができるので、これを使う。

さて、これがJUnitからmochaへ移行するとどうなるか。setUp()とtearDown()は、beforeEach()とafterEach()という同機能が用意されているので単にそれを使えばいい。しかしやはり困ったことにこれらのメソッドにもテスト自体のメタ情報は渡されないのであった。というわけでTestWatcherの代替品を探さないといけないのだが、ない。

無理やり代替品を2つ考えてみると、まずReporterというものがありこれがテスト結果を表示する。これが内包するリスナはテストランナーから送出される各種イベントを受信して、その中にはテストのメタ情報が含まれる。なのでそれを使ってテストスイートへリダイレクトする。これのconsは好きなReporterを使えなくなるという点。

もうひとつは、テストの定義にit()を使うのでそれをラップして、

var testNames = [];
var originalIt = it;
it = function (should, fn) {
  testName.push(should);
  return originalIt.apply(undefined, arguments);
};

あとは beforeEach()内でtestNamesから順々に表明を取り出せばそれは個々のテストを区別できる。これのconsは、必ずしもテストがit()の呼び出し順で実行されるとは限らないという点。

というわけでどちらもイマイチな点がある。うーむ。

 * * *

もうひとつ。JavascriptのSeleniumバインディングは、ほぼすべてのAPIがPromiseを返す仕様なのだ。だから、Javaであれば同期的に

WebElement el = driver.findElement(By.id("foobar"));
el.click();

などと何も考えずに書いていたコードは

driver
  .findElement(By.id('foobar'))
  .then(el => {el.click()});

というような感じになる。やることがシーケンシャルなのであれば.then()の羅列でいいのだがしかし分岐やループが入ってくるととたんに面倒くさくなってくる。それで、WebDriver.promise オブジェクトが用意されていてこれがジェネレータを引数に取り、ジェネレータがyieldしなくなるまで呼び出し続け、最後にresolve()するというナイスな関数consume()を持っているので

WebDriver.promise.consume(function*() {
  var el = yield driver.findElement(By.id('foobar'));
  yield el.click();
});

てな具合に同期的っぽく書ける。というかこれを使わないととてもじゃないけど書いてられない。気をつけないといけないことが一つあり、WebDriver.promiseはdeprecateである。なので将来的にはこれはasync/await版にしないといけない。

2016/12/25 10:20 am
Add-on SDK to WebExtensions #5
Uncategorized, , , ,

ところが結局、Windows 上の Firefox で Selenium によるテストを行うところまで至っていない。現状では

  • Windows 上で
  • 任意の拡張を一時的に読み込ませつつ
  • そのプロファイルを使うよう Selenium に指示する

という術がないように思える。となるとテストのために一旦 xpi をビルドして、署名して、それを使うしかない。

ちなみに Selenium は現在 version 3 になっていて、Firefox に関しては Chrome の chromedriver.exe と同様 geckodriver.exe を介在させるようになっている。そのためにシステムプロパティ webdriver.gecko.driver に geckodriver.exe へのフルパスを書いておく必要がある。

ということで試してみたところ

File p = new File("C:\\path\\to\\profile");
WebDriver driver = new FirefoxDriver(p);

の呼び出し中に

Java heap space
java.lang.OutOfMemoryError: Java heap space
        at java.util.Arrays.copyOf(Arrays.java:3332)
        at java.lang.AbstractStringBuilder.ensureCapacityInternal(AbstractStringBuilder.java:124)
        at java.lang.AbstractStringBuilder.append(AbstractStringBuilder.java:448)
        at java.lang.StringBuilder.append(StringBuilder.java:136)
        at org.openqa.selenium.remote.ProtocolHandshake.amendOssParamters(ProtocolHandshake.java:183)
        at org.openqa.selenium.remote.ProtocolHandshake.createSession(ProtocolHandshake.java:61)
        at org.openqa.selenium.remote.HttpCommandExecutor.execute(HttpCommandExecutor.java:141)
        at org.openqa.selenium.remote.service.DriverCommandExecutor.execute(DriverCommandExecutor.java:82)
        at org.openqa.selenium.remote.RemoteWebDriver.execute(RemoteWebDriver.java:601)
        at org.openqa.selenium.remote.RemoteWebDriver.startSession(RemoteWebDriver.java:241)
        at org.openqa.selenium.remote.RemoteWebDriver.<init>(RemoteWebDriver.java:128)
        at org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver.<init>(FirefoxDriver.java:259)
        at org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver.<init>(FirefoxDriver.java:247)
        at org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver.<init>(FirefoxDriver.java:242)
        at org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver.<init>(FirefoxDriver.java:238)
        at org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver.<init>(FirefoxDriver.java:131)
        at WasaviTest.WasaviTest.createDriver(Unknown Source)
        at WasaviTest.WasaviTest.beforeClass(Unknown Source)

……どうしろというのか。

 * * *

FirefoxDriver のコンストラクタに独自のプロファイルを与えるのではなくデフォルトのそれを使用するようにすると(要するに何も引数を与えないと)起動した。なにそれ。テストのためのツールである Selenium ががろくにテストされてない…。真面目にやってくださいよ本当に。

 * * *

FirefoxProfile p = new FirefoxProfile();
p.addExtension("/path/to/wasavi.xpi");
driver = new FirefoxDriver(p);

とやるととりあえず OutOfMemoryError で落ちることはないのだが、拡張を登録する処理で「アーカイブの中に install.rdf がないよ〜」的なエラーになる。この場合の wasavi.xpi は WebExtensions ベースの拡張なので install.rdf ではなく manifest.json を見に行ってくれないといけないのだが、Selenium 側がまだ WebExtensions ベースの拡張を知らない状態なのだろう。

うーん! だめじゃん。WebExtensions の拡張を Selenium でテストするのは時期尚早なのか。

2016/04/28 4:56 am
Assign to a register
Uncategorized, , ,

エディタを開いた時に特定のレジスタに常に任意の内容が入っているようにするには、vim では vimrc に

:let &z="foobar"

みたいにすると思う。この手のことは、wasavi ではまだできない(レジスタの内容自体は wasavi を閉じるときにエクステンションのバックエンドへ永続化されるので結果的に件のツイートの要件はすでに満たしている)。

できないというのは、vim の let 文は、ex コマンドというよりは vimscript のいわゆる assignment statement で(ただしヘルプ上では expression command ということになっている)、wasavi にはまだスクリプティングの機能がないということだ。

もしその手の機能を設けるとしたら、ex コマンドに script を新設して

:script wasavi.registers["z"] = "foobar";
:script << END
wasavi.registers["z"] = "foobar";
END

な感じになると思う(スクリプトの文法がこうなるかどうかは未定だ)。vim のようにスクリプトの構造が ex コマンドのスーパーセットになっているような設計には、多分しない。

実は以前に script コマンドを実装しかけたことはあったのだが

  • wasavi の動作のうち、バックエンドにメッセージを送信して返事を待つ箇所は非同期だ。したがって、スクリプトも単にシーケンシャルに実行するわけにはいかない。つまり
    a = wasavi.registers["*"];
    print a;

    というようにはいかない。

    wasav.registers.get("*").then(function (content) {
      print a;
    });

    のような形式にせざるを得ない。すべてこの形式だとお気楽なスクリプトの範疇を超えている。同期か非同期かで文法を使い分けるとしてもそれも煩雑すぎる

  • スクリプトが例えば javascript であると定義するとそれを実行するのは eval 文になるが、それだとできることが多すぎる。何でもできすぎると動作の保証もセキュリティ面での安全性の保証もできない
  • 一方で完全に動作を制御可能なスクリプトインタープリタを実装し、その管理下でスクリプトを動かすとなるとコードサイズと実行速度の危険が危ない

などなど問題がありすぎてこりゃ時期尚早だということで棚上げになっている。どうしたものか。

2016/04/23 8:24 am
Options page
Uncategorized, , ,

前の記事で触れたように、かつては Chrome のエクステンションに関するオプションページは、1つのタブを消費するタイプだった。そのためのリファレンス

それが、最新のエクステンションの仕様では chrome://extensions のページにオーバーレイされる形で表示するようになっている。そのためのリファレンス。オプションページの構造自体は変わっていないのだが、表示される場所が違う。この場所の違いを吸収するため、chrome.runtime.openOptionsPage() という API が新設されていて、manifest.json に記述されているオプションページの設定に従ってふさわしいそれを開くようになっている。

オーバーレイ表示といってもどうということはなく、要するに iframe みたいなものだ(実際には Shadow DOM や object 要素などを駆使したナウいものになっている)。ということは、やろうと思えば chrome.runtime.openOptionsPage() を読んだ時、その時点のカレントタブにオーバーレイ表示することもできるはずだ。その方が無駄なタブ移動等々が少なくて混乱することはないのだが、実際はこの API を呼ぶと 必ず chrome://extensions を開いた上で(すでにそれを開いている場合はそれをアクティブにした上で)オーバーレイ表示する。これはまあきっと、偽装をさせないための制限なのだろう。

そういうわけで wasavi についても新しいオプションページで開くようにしてみたのだが、別にこれと言って新しくなったメリットはないわけで、リバートしてしまった。

2016/04/21 8:41 am
wasavi and SSL
Uncategorized, , ,

ペンディングになっていた件。つまり wasavi が参照する、appsweets.net 上のアドレスを http 化したいな、という件。そういったアドレスは 2 種類あって:

  • http://wasavi.appsweets.net/ – app モードのプレースホルダとなる URL
  • http://appsweets.net/authorized.html – オンラインストレージに接続した際のコールバック URL

これらを https 化するために、cloudflare の助けを借りることにした。cloudflare というのは CDN サービスだ。cloudflare 側にアカウントを作り諸々設定した上で appsweets.net ドメインに割り当てていたネームサーバを cloudflare が提供するそれに書き換える。そうすると appsweets.net を正引きすると今までは直接 xrea のサーバ s278 を指していたわけだが、cloudflare 内のサーバを指すようになる。このサーバがプロクシとして動作し、ブラウザ – cloudflare プロクシ – s278 という形でデータが流れる。このときメディアファイルについては cloudflare 側で適当にキャッシュされたりするのでその分 s278 側の転送量が抑えられる……等々のメリットがある。

そして SSL まわりだが、不思議なことに cloudflare に登録したドメインに SSL の証明書が即与えられる。従ってブラウザと cloudflare プロクシ間の接続については https でアクセスできるようになる。この時に使用するドメインはもちろん appsweets.net なので、結果的に appsweets.net が https でアクセスできるようになる。ちなみにここまで完全に無料である。なんか騙されたみたいな話だが、実際にこうなる。

そういうわけで、上記の 2 アドレスについても https を使えるようになる。

デメリットとしては appsweets.net の内容を cloudflare に 100% 預ける形で仲介させているので、悪意の有無を問わず、そちらで変な操作をされることが絶対にないとはいえない。SSL 化されるのはあくまでブラウザと cloudflare 間であって、cloudflare と appsweets.net 間は http でやりとりされる。従ってすごくセキュアというわけではない。ブラウザと cloudflare 間の SSL 接続はバーチャルホスト名ベースの割と新しい仕組み(SNI: Server Name Indication)を利用していて、古めの OS/ブラウザからはアクセスできない(たとえば、Presto Opera 12.17 ではアクセスできない)

2016/04/14 7:45 pm
Mysterious bound keyword
Uncategorized, , , , ,

Firefox 46a だったか 47a だったか忘れたが、wasavi と赤福プラスが両方動かなくなったことがあって調べてみた所、

  1. 両方が使っている extension_wrapper.js 内で、それが Firefox + Add on SDK で動いているかどうかを判断している箇所があり
  2. Firefox のその該当バージョンで判断のもとになっている箇所が変更されたため

動かなくなっているということだった。

extension_wrapper.js は Chrome でも Opera でも Firefox でも共通して動くので、それぞれのブラウザのうちどれで動いているのかを判断しないといけない。Chrome なら window.chrome が存在しており、Opera なら window.opera が存在しているのでそれが判断の助けになる。。

一方 Add on SDK の PageMod における content script かどうか、というのを判断するためのあんしんあんぜんな方法はないように思える。とりあえずのところ、self.on が存在し、それが function であり、かつその toString() の値が “function on (.*?) { [native code] }” とかそんな感じになっていればまあたぶんきっと SDK ベースの content script だろう…というような判断をしている。”[native code]” がミソなのだが、これが最適解というわけでは全然ない。

これが、今回動かなくなってしまったのである。それは、self.on の toString() の値が “function bound on (” というように、謎のキーワード bound が入るようになっていたからだ。bound……って何?

アーカイブ