2018/10/04 9:15 pm
sync, sync, sync
Uncategorized, , , , ,

従来は設定を localStorage に持っていたが、chrome.storage.sync に持つようにした。storage の読み出しは非同期的に行われる。バックエンドの接続と、DOMContentLoadedの待機と併せて、起動時に非同期に行われる処理がこれで3つになった。これらを Promise.all を用いて並列的に処理するようにした。

そういえば sync って Firefox や Opera だとどういう扱いなんでしたっけ? Firefox は対応しているようだ。Opera は対応していないらしい。対応はしていないが、chrome.storage.local にフォールバックされるようで呼び出してもエラーにはならない。なにそれ。Opera Sync があるんだからそれとくっつけてよ。

カタログのリロード処理を見直した。また、デフォルトのソート順の場合はページ数を表示するようにした。選択したカタログのソート順を覚えておき、ページ全体をリロードした際も再現するようにもした。

ところで、xsl において、あるコンディションによって出力する内容を変えたいときがある。例えば出力する要素のクラス名に特定の文字列を状況によって含めたり、外したりしたい場合。

<span class="{if $need_hide='yes' then 'hide' else ''}">...</span>

のようなことをしたい。波括弧に囲まれた属性値テンプレートは xpath の式だ。当然上記はエラーになる。

そんなわけで

<span class="{substring('hide',1,4*number($need_hide='yes'))}">...</span>

のようなとてもトリッキーな書き方をせざるを得ない。= 演算子が true か false かを返し、number() がそれを 1 か 0 に変換し、式が真の場合は hide の先頭から4文字(つまり “hide” そのもの)、偽の場合は先頭から0文字(つまり空文字列)を出力する。

もうちょっとスマートな方法がないものかな。

2018/09/05 10:03 pm
Prevent from executing an inline script
Uncategorized, , , ,

以前にも書いた気がするが、赤福プラスはふたばが返す html をまるごと変換し、上書きする。従って、元の html に記述されている画像や、スクリプトや、インラインフレームの読み込みはまったく不要で、ブロックする必要がある。ブロックした上で、変換後の html から改めて読み込まなければならない。

そんなわけで、Chrome では WebRequest API を用いてそれを実現していたのだが、ただ一つ html に直接記述された script 要素、つまりインラインスクリプトの実行は見逃していた。まあこれを見逃しても src 属性付きのスクリプトの読み込みはブロックしているので、大抵のインラインスクリプトはなんちゃらが定義されていませんエラーになって実害はないのだが、気にはなる。

しかし、Chrome のエクステンションの API を眺めてみてもインラインスクリプトの実行をブロックする機能は見つからない。いやあることはある。例えば WebRequest でレスポンスヘッダに CSP を忍ばせて、インラインスクリプトを除外するとか、あるいは ContentSettings でふたば上のみの javascript の実行を禁止するとか。が、リファレンスを読んでみるといずれも html を読み込んでから DOMContentLoaded までの短い期間だけスクリプトの実行を抑制するという要件にはちょっと合ってない。

いろいろ調べてみたところ、content script で MutationObserver を用いて script 要素が DOM ツリーに追加された瞬間をキャッチし、type を text/javascript とか application/javascript から、スクリプトとして実行されないものに書き換えるとそういう動作を実現できるようだ。で、用が済んだら、DOMContentLoaded ハンドラで disconnect() すればいい。完璧だ。

ただし Firefox ではこの type 書き換え法が効かないので、その代わり script 要素の beforescriptexecute イベントをリスンして適宜 preventDefault() する。つまり実行タイミングを start_at にした content script から

var observer = new MutationObserver(ms => {
.   function handleBeforeScriptExecute (e) {
.   .   e.target.removeEventListener(
.   .   .   'beforescriptexecute', handleBeforeScriptExecute, false);
.   .   e.preventDefault();
.   };
.   ms.forEach(m => {
.   .   m.addedNodes.forEach(node => {
.   .   .   if (node.nodeType != 1 || node.nodeName != 'SCRIPT') return;
.   .   .   node.type = 'text/plain';
.   .   .   node.addEventListener(
.   .   .   .   'beforescriptexecute', handleBeforeScriptExecute, false);
.   .   });
.   });
});
observer.observe(document.documentElement, {
.   childList: true,
.   subtree: true
});

とこんな感じのコードを走らせる。

ちなみに Presto Opera だとこんな長いコードを書かなくても、

window.opera.addEventListener('BeforeScript', function(e){e.source=''}, false);

だけで実現できる。オーパーツすぎる…。

そういえば忘れていたけど、次のリリースから赤福プラスは Presto Opera をもうサポートしない。

2017/01/21 7:52 pm
Testing with selenium javascript binding #5
Uncategorized, , , ,

ところで Opera ではどうなのだろうか。Blink Opera でも operadriver というものを経由してテストすることになっている。これはつまりchromedriver のフォークだ。じゃあ、だいたい Chrome のように動くと考えていいのかな。

と思ってやってみたらまるでさっぱり動かない。Opera 自体は起動するものの、

exception: Error: ECONNREFUSED connect ECONNREFUSED 127.0.0.1:46266

なる例外が発生してテストが始まらない。

Selenium のライブラリと *driver との接続は http による REST だ。つまり、operadriver 側でリモートコントロールのための接続の listen をしてくれないということなのか?

とそういうわけで現在のところの各ブラウザの selenium 対応は Chrome、Firefox、Opera の順で甲乙丙のようだ。

2017/01/14 10:06 pm
Testing with selenium javascript binding #3
Uncategorized, , , , , ,

テストを開始しても、Chrome は起動するもののテストページへのナビゲーションが発生せず、そのままタイムアウトで失敗してしまうことがたまにある。これの原因がよくわからない。とりあえずエラーメッセージとしては “unable to discover open pages” というものが返される。

原因はよくわからない。テスト用とは別の常用の Chrome を起動している状態でテストを開始すると、そういう状況が発生することがあるが、しないこともある。常用の Chrome を落とした状態でも発生することがある。また youtube とかの動画を再生中だと発生する確率が上がるような気がしないでもない。要するに chromedriver が Chrome を起動するものの、複数ある Chrome のうち自分が起動させたものを見失うことがある、というような感じなのだが……そんなわけあるかいな。

上記のエラーメッセージでググっても特にこれだというものもない。謎。

ちなみに Linux 版の Chrome で UI のロケールを任意のものにするには、LANGUAGE=en google-chrome などとする。LANG でも LC_ALL でもなく、LANGUAGE。また、--lang スイッチは効かない。

 * * *

というわけで、とりあえずすべての機能テストを java から javascript へ移植した。疲れた。次にこれを Windows 上の Firefox にて通してテストする。とその前に、Linux 上でも動かしてみよう。

ナウい Firefox で Selenium のテストをするには、geckodriver が必要なので、これをパスの通ったところに置いておく。

var options = new firefox.Options();
options.setProfile(profilePath);
result = new webdriver.Builder()
      .withCapabilities(webdriver.Capabilities.firefox())
      .setFirefoxOptions(options)
      .build()

こんな感じで起動。これは既存のプロファイルを利用するような動作を意図しているが、どうも既存のプロファイルを /tmp あたりにまるごとコピーしてから起動するような感じがする。そのため実際に Firefox のウィンドウが表示されるまでは結構待たされる。

それから、webdriver.actions().sendKeys().perform() が未実装なのだそうでエラーになる。その代わり WebElement#sendKeys() を使う。geckodriver 自体が新しいプロジェクトなので、すべての想定された機能が実装されるまでにはもうちょっとかかる雰囲気。

 * * *

結局のところ wasavi でテストするには

  1. npm install -g selenium-webdriver
  2. npm install -g chromedriver geckodriver operadriver
  3. npm install -g mocha
  4. npm install

と入れて、make run-chrome としてとりあえずテスト用プロファイルでもって起動し、開発者モードで wasavi を組み込み、ついでに dropbox などに wasavi からアクセスして認証を得ておき、ブラウザを閉じてから make test-chrome とする……という感じ。ただし Firefox に関しては、過去の記事の通りオンザフライで WebExtensions ベースの拡張を登録するのが現在のところできないので、wasavi をビルドした上で xpi を登録したプロファイルを用意する必要がある。

2016/12/17 3:14 pm
Add-on SDK to WebExtensions #3
Uncategorized, , , ,

content script において window.Uint8Array を使おうとするとエラーになる。グローバルオブジェクトのそれを使わないといけない。両者は権限のドメインが違う、らしい。グローバルオブジェクトに Uint8Array が存在する場合はそれを、次に window に存在する場合はそれを使うようにした。

window. を前置するのをやめればいいじゃん、と思うかもしれないが、そうはいかない。赤福プラスでは window のプロパティを参照する際は必ず window を前置している。これは Presto Opera で動かすための措置で、Presto Opera の injected script では window がグローバルオブジェクトではないのである。したがって前置は必須なのだった。

それにしても、今 Presto Opera 使ってる人ってどんくらいいるのかなあ…? とはいえ赤福プラスはまだ Presto Opera もサポートしているので、動作確認のために新しい環境にも 12.16 を落としてインストール。

ところでメモやブックマークを同期しようとログインしようとしたらどうやっても弾かれるんですけど…。

Firefox の方は SDK 版から WebExtensions 版への自動更新が滞りなく行われることを確認。

さてこの SDK -> WebExtensions の作業において赤福プラスは前座でしかない。本丸は wasavi なのである。

2015/07/27 4:12 pm
Presto Opera is gone
Uncategorized, , , ,

Selenium を 2.46.0 に更新したところ、2 点。

まず付属の jar から OperaDriver が消えていた。

つまり、そういうことなのだろう。

wasavi はまだ、とりあえずは Presto Opera でも動作するようにする。これはつまりできるだけ Chrome/Firefox/Opera とで共通して動くコードを書くのを心がけるということだ。一方で段階的に Presto Opera の専用コードは削除していくし、新規に書くこともない。たとえば、qeema から既に Presto Opera 対応の部分はざっくり消した。

ただし、前述の通り Selenium は OperaDriver を deprecated にしたわけなので、通しての機能テストを Presto Opera に施すことはできない。従って wasavi が Presto Opera 上でひと通り動作することを保証することはできなくなる。

ところで Presto Opera が脱落すると wasavi が動作すると公式に謳えるブラウザが Chrome と Firefox だけになってしまい若干寂しい。聞く所によると Microsoft Edge は Chrome のそれをパク、いや非常に高い互換性を持つ拡張の仕組みを持つらしいが…。

ただ同時に、どういうわけか Firefox の拡張とも高い互換性を持つ、という噂があったりよく分からない。そんなこと可能なんだろうか。とにかくいよいよ Windows 10 のリリースが近いが、Windows 10 に同梱される Edge にはまだ拡張の仕組みは組み入れられておらず、大体今年中に形になればいいかな程度の完成度だという。

次に。

Chrome はいくつかのキーボード・ショートカットを予約している。たとえば Ctrl+T とか Ctrl+W とか Ctrl+P とか、つまりブラウジングするにあたってとても基本のもの。予約しているというのはどういうことか。スクリプトからそれらのキー入力を得ることができないのだ。これらのキー入力の場合 keydown イベント等自体が発生しないのでどうしようもない。google 神に歯向かう手段がまったく用意されていない。

とはいえ wasavi ではこれらの特別なショートカットのいくつかにも機能を割り当てている。たとえば行入力中の Ctrl+W はカーソルの前の単語を削除する。

従来、それらの機能をテストする際は、当然ながら Ctrl と W を同時に押したような擬似的なキーストロークを生成するとテストできないので、そのかわり U+0017 を生成していた。Ctrl+W は wasavi においては U+0017 とみなされるのでまあこれでよかろーということなのだが。ところが数日前に Chrome が version 44 に上がったせいかこの手法が通じなくなってしまった。U+0017 を生成しても Chrome に Ctrl+W とみなされるようになってしまったようなのだ。

そんなわけで多くのテストが失敗するようになってしまった。うーんどうしたものかな。

2014/09/30 2:43 am
a suddenly farewell #3
Uncategorized,

-debugsocket 5 で出てくるログをよく見てみると、ipv6 のアドレスに接続しようとしていてことごとく失敗している。

ということはシステムから ipv6 を切り離せばいいのか? /etc/sysctl.conf に以下を追加:

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6 = 1

$ sudo sysctl -p

で、起動。
あ。動いた。
でもなんで突然こうなるのかな!

2014/09/29 10:30 pm
a suddenly farewell #2
Uncategorized,

情弱らしく 12.16 の deb を Ubuntu ソフトウェアセンターに食わせ再インストールを行ったところ、よくわからないけど、直った。つまるところ、ライブラリの依存関係等々が修復されたということなのか? 情弱なのでわからない。

ということで、この際 12.16 は捨てるか! という気分になりつつあったのが、必要なくなった。ある意味では残念だ。

 * * *

などと書いている先からまた同じ現象が発生した。

わからない…。

8:28 pm
a suddenly farewell
Uncategorized,

まさに「何もしていないのにパソコンがこわれた」という現象を経験している。xubuntu 上の Opera 12.16 の調子が恐ろしく悪くなった。

  • *.2chan.net、*.google.com などいくつかのドメインへのアクセスが必ず失敗する: URL を開くと「リモートサーバーに接続できませんでした」的なエラーページになる
  • ~/.opera/cache/ を全削除したりしてもダメ
  • 全く新しいプロファイルで試してみてもダメ
  • -debugsocket 5 などのオプションを付加してみると、やたらエラーが発生している。実際にネットワークとのやりとりが発生する以前の、ソケットを開くレベルで失敗しているような気がする(確証なしの勘)。実際に dragonfly から確認してみると、ネットワークやりとり自体が発生していない(ただし dragonfly のそのへんのパネルはかなりバギーなので信用は出来ないのだが)
  • Opera 12.16 以外のブラウザでは特に問題はない
  • /var/log/ あたりに特に関係のありそうなログはない

はて。どうしたものか…。

2014/06/15 11:14 pm
kosian is here #2
Uncategorized, ,

wasavi-kosian そういうわけで、kosian ベースの wasavi が Chrome と Opera で動くようになった。次は Firefox。

ところで、Linux 版の Opera 12.16 というのは、全体的にはよく出来ているのだけど、「なんでそこを見落とすの!?」という箇所がバグっている不思議なプロダクトである。

  • 数日起動させっぱなしにすると、ソケットやファイルを開きすぎです!的なエラーが出て何も読み込めなくなる。つまりいったん開いたそれらを閉じる処理を、全てではないが一部見逃している感じ。なんでそこを見落とすの…
  • IME との連携は壊滅的にめちゃくちゃで、まったくテストされていないと言っていい。プリエディットや変換候補のポップアップが出る位置、プリエディット中の ctrl などのモディファイアキーの取り扱い、アドレスバーにカーソルがある場合の不自然に中途半端な IME の対応、などなど。また Windows 版で苦労してでっち上げた擬似 Composition Events も、input イベントなどの発生仕様が Windows 版よりもさらにぶっ壊れているのでそもそも Linux 版の Opera 上の wasavi で日本語入力はまったくできない
  • 詳細は忘れたけど、エクステンションとして読み込むソースファイルがシンボリックリンクだった場合に Windows 版と振る舞いが異なる
  • 詳細は忘れたけど、ショートカットキーに定義したストロークがまったく無視されることが割とけっこうある

なんとなく、作った奴はかなりの切れ者なのだろう。しかしテストした奴が極めて少人数だったか、相当ぼんやりしていたか、あるいはぐでんぐでんに酔っ払いながら仕事したのだろうと思わせる惜しい出来なのである。

Archives