2017/07/14 9:41 pm
Move by wrapped line
Uncategorized, , ,

Chrome と Gecko が持っている document.getSelection().modify() というメソッドがある。これは、編集可能な要素上のカーソルを任意の位置へ移動させる機能を持っている。上下左右のカーソルキー、HOME キー、END キー、およびそれらを SHIFT 併用で押下した場合の動作をコードから行わせることができる。カーソル移動の単位は文字、ワード、折り返し行の先頭及び末尾…などがある。

さて、wasavi は gjgk で物理的な行単位ではなく、表示上の折り返された行ごとにカーソルを上下させる機能があるのだが、従来この機能はかなりめんどくさい複雑なコードで実現していた。あまりに複雑すぎてバグがあってもおいそれと手を入れられないレベルである。実際 issue がいくつか来ているのだが、そういうわけでどうしたものか困っていた。

そこで、上記の modify() を使ってシンプルに書き直した。なんで最初からそうしなかったのかといえば、modify() は Presto Opera には実装されていないからだ(たぶん)。しかしもう Presto Opera 対応は終了したので、これを期に使うようにしたということだ。このほか、let や template literal、arrow function、そしてもちろん Promise や Generator なんかもぼちぼち使い始めている。

Leave a Reply

Archives