2017/07/21 8:47 pm
Opening an options page
Uncategorized, , ,

wasavi のオプションページというものを開くために、manifest.json に options_page キーを含めているが、実はこれは旧式である。現行は options_ui キーになっている。options_ui でどのようにオプションページを開くかどうかについてさらに新旧があり、古い方はオプションページをタブで開き、新しい方は chrome://extensions ページにオーバーレイする形で開く。これは TabQueue などの他の Chrome エクステンションでも出てきた話題だ。

さて wasavi を WebExtensions で動かした場合、options_page キーを認識しないようだ。そこで options_ui の、旧式の方に移行した。旧式の方は公式に obsolete であり、今にも削除されそうな勢いである…ということは、ちょっと気にかけておかないといけない。

WebExtensions で動かした場合、options_ui 旧式の場合は、拡張の詳細ページにオプションページを開くボタンが追加される。新式の場合は、オーバーレイではなく、拡張の詳細ページにオプションページが埋め込まれた形で表示される。へー。

Chrome では個々のエクステンションの設定をエクステンション一覧の特別な、モーダルな状態として捉えているが、Firefox ではエクステンション一覧から遷移する独立したページとして捉えている。どちらかというと Firefox の設計のほうが優れてるように思える。ブラウザの設定も昨今の多くのブラウザでは Web ページの1つとして扱われている。であればやはり様々なページを遷移する UI であることを強く意識して設計すべきであり、オーバーレイというモーダルな状態に安易に頼るべきでない。

Leave a Reply

Archives