Scan line

範囲選択機能を作る際、めんどくさいことは大まかに分けて2つあり:

  • 選択範囲の内部表現
  • 選択範囲の表示

まず内部表現から考えると選択範囲とは頂点の配列のことだ。それを結んで多角形とし、その内部に描画を限ることで範囲選択がなされる。

多角形によるクリッピングというのはキャンバスのネイティブの機能を用いて実現してもよいのだが、その場合アンチエイリアスが効いてしまう(アンチエイリアス自体はキャンバスの仕様に必要な要件ではなかったはずなのだが、どういうわけか全てのブラウザがそういうふうに動作する)ので自前でアンチエイリアスをかけない多角形塗りつぶし機能というのが必要だ。

というわけで書いた。

アンチエリアスをかけない描画メソッドというのはすでに線分と円についても作ってあるが、どれもなかなか面白く、グラフィックスの教科書をおさらいしてる気分になる。

* * *

ポリゴンの内部をキャンバスの機能で塗りつぶし、輪郭だけアンチエイリアスなしの線分描画関数で上書きすれば10倍くらい速くなることに気付いてしまった。ぐぬぬ…。

Leave a Reply

Your email address will not be published.