2019/09/09 11:29 pm
Ants march over the peach
Uncategorized, , ,

選択範囲の表示をやってみた。

このトピックについてめんどくさい点は、Photoshop等に倣うなら、範囲表示の境界線がキャンバスの倍率によらず常に1ピクセルであるということだ。このための下準備がめんどくさい。蟻が行進するのは意外とめんどくさくない。

もう一つめんどくさいのは、選択範囲を決定する前段階の仮線の表示だ。何がめんどくさいかと言うと、やはりPhotoshopに倣うならばこの仮線はキャンバスの画像を反転した色で表示する必要があるのだ。

この反転表示と蟻の行進を組み合わせて表示するのが多少めんどくさい。ちなみにPhotoshopではなくgimpに倣えば、この手の仮線はxorではなく縁取りされた実線になるのだけど、これはどのピクセルを選択しているのかわかりづらいのでよくないと思う。

ともあれ、選択範囲の表示についての基礎の部分はできた。まだ実装してないけど選択範囲の集合論的な演算(範囲の追加、削除、インターセクションなど)も無理なく組み入れられると思う。

ということで次に考えるべきめんどくさいことは、この選択範囲をどうするかという点と、選択範囲に対する描画という点だ。前者はクリップボードとのやり取りという話に繋がるのでなかなか大掛かりにめんどくさい。また後者はつまり描画のクリッピングなのだが、おそらくcanvasの機能で一発ということにはならないのでこれまためんどくさい。

この記事めんどくさい言い過ぎだ。

Leave a Reply

Archives