chrome.input.ime

ブラウザの中にはたくさんの文字入力可能なオブジェクトがありさまざまな種別の文字が入力される。一方で IME には入力モードというものがある。そのため時々入力したいものと入力されるもののミスマッチが起こる。

そんなわけで、その辺をブラウザと IME が密接にやりとりして調整してくれると嬉しい。しかし実際には、ブラウザから IME を制御することはほとんどできないし、HTML の規格を見るにむしろできないようにしている感すらある。

ところで、タイトルのような chrome extension の API がある。これは本来は ChromeOS のためのもので、IME の機能のうちプリエディットや変換候補リストといった UI 部分を担当する。つまり変換エンジン自体は自分で書かないといけないのだが、これを活用すればブラウザから制御できる IME ができるかもしれない。

で、すでにこの API を用いて作成された SKK というものがあって:
http://blog.jmuk.org/2012/07/chromeosskk.html
インストールしてみたものの、ChromeOS には存在するのであろう入力メソッド選択インターフェースが ChromeOS 以外の OS で動くブラウザにはないので、つまりこの SKK をアクティブにする手段がない。おのれ…おのれ…!

Leave a Reply

Your email address will not be published.