crisped edge #2

Linux 向けの、実用に足る unicode ベースのビットマップフォントが、もしかして未だにないんじゃないのか? という問題を解決したい。

実のところを言えば、unicode ベースのビットマップフォントというのはすでにある。

これは Basic Multilingal Plane の全域をサポートした 8×16/16×16 ドットのビットマップフォントである。

しかしながら、いくつか問題があるのである:

  • Latin な文字について、x height が高すぎる。そのため大文字と小文字の判別がつきづらい
  • 0 に斜め線が入ってない
  • CJK な文字について、それらは Wen Quan Yi Project が作成しているフォントから提供されているのだが、漢字部分はともかくひらがなやカタカナがけっこう見づらい

こういうわけで、日常的に端末で使えるかどうかというと微妙なのであった。

一方で、GNU のプロダクトである。グリフの元データとなる hex ファイルや、さまざまなユーティリティプログラムも込ですべてが公開されている。フォークして、これらを元にさせていただきつつ新しいのを作ればよいのではないか。そうだそうだ、そうしよう。

* * *

ということで、新しくグリフをデザインしたり、懐かしの jiskan16 を持ってきたり、東雲フォントをもってきたりいろいろした結果、できた。名前は特に意味はないが、UFO とした。地球のフォントに飽きたところよ。

Latin 文字

Latin 文字

ソースコード

ソースコード

日本語の文

日本語の文

もちろんこれで完成というわけではまったくない。既知の問題として CJK のグリフがバウンディングボックスを目一杯使っているのでスクリーンにぎっしり日本語の文章を表示するとかなり見にくい。もしかしたら CJK グリフは一回り小さい wqy なビットマップフォントから改めて持ってくる必要があるかもしれない。

とりあえず個人的に使ってみつつ微調整したい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.