2017/02/24 9:48 am
migrating Dropbox API v1 to v2
Uncategorized, , , ,

Dropbox側の修正を終えたのでテストしてみたところGoogle Driveに対する読み書きでコケる。なんで?

OAuth2による認証が成功した直後、自身のプロファイル情報を得るAPIを呼び、認証に成功したIDと一致することを確認している。Google Driveの場合は、

https://www.googleapis.com/oauth2/v1/userinfo

に対してPOSTして返ってくるjsonを参照している。このエンドポイントが404を返すようになった。11日前にwasaviをリリースした際にはもちろんすべてのテストが通ったことを確認してあるので、その間になんか変わったようだ。

Googleが提供するAPIの包括的なリファレンスというのは、どこにあるのかよくわからない。しかしAPI Explorerというものがあり、実質的にここでAPIの仕様を確認できる。ということで Google OAuth2 API v2 を見てみると確かにuserinfoはない。その代わりoauth2.userinfo.v2.me.getというものがあるのでこれがどうも最新のようだ。エンドポイントは

https://www.googleapis.com/userinfo/v2/me

だ。これにどのフィールドを参照するかのクエリ文字列(今回の場合は?fields=id)を付加して、GETで取得すると結果が返ってくる。

API Explorerで参照できるAPI名らしきものとエンドポイントのURLの構造が微妙に似ているような似てないような感じになっているのは何なんだろう。わからん。それと、この最新のAPIを使ったとしても、POSTだとやはり404が返される。ちゃんと書いてあるとおりにGETじゃないといけない。

Leave a Reply

Archives