2017/03/09 4:04 am
Increment and Decrement #2
Uncategorized, , ,

ノーマルモードでの ^A^X を作った。このコマンドは . の対象にもなる。

次に、bound モードでの動作を考える。vim では visual/visual line/visual block モードでも増減ができる。ノーマルモードではカーソルが位置する数値文字列が対象になるが、visual 系(謎)モードでは、選択された領域の各行の、最も左端にある数値文字列が対象になる。これは若干違和感がなくもない。選択された領域内のすべての数値文字列が対象になってもおかしくないのではないのか? 後で考える。

ちなみに、それを作るときにも書いたが、vim における visual 系モードは wasavi では bound/bound_line モードになっている。なぜモード名を変えたのかといえば、そもそも vi というものが ex の visual モードにほかならないからだ。命名がダブっている。

 * * *

bound モードでも動作するようにした。vim と違い、領域内の全ての数値文字列が増減の対象となるようにした。

それから、vim のように set nrformat+=octal などという特殊な代入をできるようにするかどうかだが、とりあえず、保留。

コメントを残す

アーカイブ