2018/11/08 5:20 pm
From crying 16yo to grieving 18yo #2
Uncategorized,

以前 xubuntu を 16.04 から 18.04 にアップグレードして以来、LightDM のログインスクリーンでパスワード打ち込んでもログインできず、オンスクリーンキーボードを経由せざるを得ない現象が発生してとても不便。

/var/log/lightdm/lightdm.log を見ていたら、起動時に読み込まれる設定ファイルの中に /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/50-xubuntu-numlock.conf というものがあった。はーなるほど numlock がかかってるのね。

ちなみにこの設定ファイルは xubuntu-numlockx を呼び出しているだけなのだが、このファイルは /etc/X11/Xsession.d/55numlockx への薄いラッパでしかない。 55numlockx はシェルスクリプトで、/etc/default/numlockx に記述されている設定に従って X が起動する際の numlock キーの状態を変更するようだ。設定が auto の場合は実行マシンがラップトップかどうかとか、接続されているデバイスを見てよしなにしてくれる。

ということで、/etc/default/numlockx における設定を NUMLOCK=auto から NUMLOCK=off に変更。

不具合なってた理由はつまり、55numlockx 内で USB キーボードが接続されているかを検知し、接続されていたら有無を言わさず numlock をオンにするようになっているからだ。うちのキーボードは USB 接続だが、テンキーがないタイプなのであった。そのケースを想定していない。

 * * *

ところでこの PC は設定で10分放置するとディスプレイを消灯するようにしているのだが、実際にはそれが無視される状態が続いていた。関係あるのかないのかよく分からないのだが、上記の変更を施したらなぜかその設定も反映されるようになってしまった。なんで…?

一応記録のために書いておくと上記の変更の他に /etc/lightdm/lightdm.conf.d/10-xubuntu.conf も以下のような感じで変更してある:

--- 10-xubuntu.conf.old
+++ 10-xubuntu.conf
@@ -1,2 +1,2 @@
-[SeatDefaults]
+[Seat:*]
 user-session=xubuntu

でもいずれにしても、電源周りには関係なさそうで、謎。まあ、いっか。

Leave a Reply

Archives