2016/02/25 7:33 pm
Compatibility to VimFx #3
Uncategorized, , , ,

色々やりとりしてみた所、何やら思いがけない方向に進んだ。

まず、wasavi 側で VimFx を意識した処理をする必要はなくなった。逆に、VimFx 側で wasavi の iframe を contenteditable な要素として扱ってもらえるようになった。のだが、途中から wasavi が起動中に blur させる方法がないのが問題、という話になり、正直なところへぁ? なんのこと? という気分に。

どうも VimFx の作法として、編集可能な要素がフォーカスを持っている場合は VimFx は自身のキーバインドを使用しないというものがあるようだ(逆に言うと、編集可能な要素の振る舞いを上書くことは VimFx ではできない)。ただし、編集可能な要素上で esc キーを押すとフォーカスを外す、つまり VimFx のキーバインドが再度有効になるようにはなっている。したがって、例えば通常の textarea で編集中に他のタブに切り替え、必要なものをコピー、戻って貼り付けなどという一連の動作をすべてキーボードで行うには、

  • textarea 上で esc
  • gt (次のタブへ)
  • yf 等々で必要なものをコピー
  • gT (前のタブへ)
  • gi (先頭、あるいは最後にフォーカスした編集可能要素に再度フォーカス)
  • wasavi 上で "*p

というようなキーボード操作になる。で、これを可能とするために、wasavi も esc で blur して欲しいということのようだ。

というわけで、そういう風にした。ただ、この常にこの仕様で動作させて良いのか? という懸念はある。

  • vi 使いの中にはノーマルモードに戻るために esc を連打する人もいる
  • そうでなくても、うっかりノーマルモード上で esc を押してしまうことは有り得る
  • あくまで VimFx の作法である。VimFx がインストールされていれば、wasavi がフォーカスを失っても即 gi で戻すことはできるが、インストールされていなければポインティングデバイスで wasavi をクリックし直すしかない

なので、新しいオプション esctoblur を導入し、これがオンの場合のみに blur 処理を行うようにした。

Archives