2017/05/08 8:33 pm
cVim
Uncategorized, ,

Chrome に cVim を入れて常用ブラウザとしている。そして、多少 cVimrc をいじって、その中に編集可能な要素内で Ctrl+H が押されたら、deleteChar 関数を呼び出すような設定にしている。

…のだが、最近になってこれが動かなくなってしまった。キャレットの左の 1 文字が選択されるのだが、削除されない。選択されたままになる。

デバッガで追ってみると、選択した後にその選択範囲を削除しようとする箇所で、selection オブジェクトの type が Range であれば削除する…となっている処理がある。しかしナウい Chrome では、編集可能な要素の selection.type は Caret が返されるようなのだ。なので、削除処理がスキップされる。

まあ、そのうち直るんでしょう。cVim のソースは現在でもそれなりにメンテされている。

コメントを残す

アーカイブ