2017/08/04 10:10 pm
Integration
Uncategorized, , ,

wasavi のオプションに、writeas というものがあり、こういう仕様になっている。つまり、contentEditable な要素に対して wasavi のバッファを書き戻す際、どのような DOM の構造にするかを指定する。たとえば p なら、各行を p 要素として書き戻す。

しかし、当然ながら contentEditable な要素の内部構造をどのように保持しているかはサイトごとにまちまちであり、ひとつに決められるものではない。そこで、writeas には 連想配列を表す json 文字列を代入することも許している。こんな感じで:

set writeas='{ \
  "http://example.com/*": "div", \
  "http://example.net/*": [ \
    { \
      "selector": "#any-css-selector", \
      "writeas": "textAndBreak" \
    } \
  ] \
}'

連想配列のキーが URL パターンで、値が writeas という形式だ。または、さらに連想配列の配列を入れ子にして、CSS セレクタを指定することもできる。これにより、つまりサイトごとに writeas の定義を分けることができる。

ただ……見てのとおり exrc 中に改行のエスケープしまくりで書かないといけないので、とても面倒くさい。また set all した時の見栄えもとてもよくない。もっと洗練された形式で保持する必要がある。

ところで、サイトごとに定義を振り分けているものは wasavi はもうひとつ持っている。サイト自身が提供するスクリプトとコンフリクトするか何かでうまく動かない場合に、wasavi の起動をしないという例外リストである。これは普通のプレインテキストで

http://example.com/
http://exmaple.org/  #some-id

のように行ごとに URL を書き連ねる。URL のあとに任意の個数の空白を挟んで CSS セレクタを記述することもできる。これと writeas の定義を統合できないだろうか。つまり例外リストではなく per-site overrides という扱いにしたい。

override := URL-pattern (CSS-selector)? action
action := allow-actions
          "block"
allow-actions := allow-action ("," allow-action)*
allow-action := "writeas" "=" writeas-value
writeas-value: "div" | "p" | "textAndBreak" | "plaintext" | "html"

という感じだ。

Leave a Reply

Archives