2017/08/08 6:09 pm
Integration #2
Uncategorized, , ,

そういうわけで、設定のうち例外リストとなっていたものを site overrides とした。こんな感じで記述する:

http://example.org/*         *    block
http://example.net/*.html    *    writeas=p

ディレクティブとして有効な行は、3つの要素からなる。左から順に URL パターン、CSS セレクタ、アクション。まず URL パターンと CSS セレクタで要素を特定する。例外リストの段階では CSS セレクタは省略可能で、省略した場合ユニバーサルセレクタを指定したことになっていたが、省略不可能になった。サイトすべての編集可能要素を対象にしたい場合はユニバーサルセレクタを明示的に記述する必要がある。

最後の要素がアクションで、これが block であった場合は、そのパターンに合致する要素上では wasavi の起動が抑制される。それ以外であった場合、set コマンドの引数として wasavi 起動時に評価される。つまり、exrc の最後に付加される。

 * * *

これとは直接は関係ないのだけど、バックグラウンド側での設定の持ち方を変えた。従来は各ブラウザの差異を吸収するような抽象的なクラスを経由していたが、単に chrome の API を直接呼ぶようにした。

Leave a Reply

Archives